2017/08/15

セル付きリトルカブ その2

前回〈セル付きリトルカブ その1〉からの続きです。


まずはハーネスを車体に付けましょう
こんな感じです。



まずは右サイドカバー周辺です。


右サイドカバーを取ってバッテリーBOXを外しました。
セルへ繋ぐコネクタをこの中から通します。





手を突っ込んで頑張って通しますw
コネクタがでかくて地味に大変だった。

(写真右端に見切れてるコネクタがセルモーターにつく)




んで、モーターを付けます。



ガソリンホースとかケーブルがあってめっちゃ付けにくい・・・・
このレイアウトで合ってるのかなぁ。
ボルト3箇所で留めてあって、右下をアース線と共締めしました。

この時、先にセルのチェーンやらを嵌めてから
モーターを固定したほうが良いかもしれません(笑)
後からだと全然チェーンが嵌められませんでした(笑)

↑この辺のとこ






再び戻って右サイドカバー周辺です。


セルリレーの黒線を例のごとくウインカーリレーの線から取り、
バッテリーからモーター用電源を取ります。
あ、そういえばスイッチ用の線もモーター線と同じようにボディの中を通して
ハンドルの方へ伸ばしていきます。

そして、この配線まみれの状態を収めなければなりません。
ちなみにセル無し車でもここは共通部品なので、セルリレーを付ける部分はあります。




よし、これなら入るぞ!






続いては黄線をハンドルまで伸ばし、右スイッチボックスを付けます。
今回は奮発して新品を買いました(笑)








まずは今までのスイッチを外します。

順番はアクセルワイヤー固定ナット緩め→レバーのネジはずし→
レバー外し→スイッチBOX底2箇所ネジ外し→
グリップからアクセルワイヤー外し→
ブレーキワイヤー、ブレーキスイッチ外し→
ハーネス外し→アクセルワイヤー固定外し の順で作業しました。



ブレーキレバー根本のカバーを取り、
プラスネジ(裏側は8mmのナット)を緩めます。
その時、アクセルワイヤーの金具が邪魔で工具が入らないので
ついでに14mmのスパナで緩めてスペースを確保します。


あとはワイヤーを取りながらレバーを外します。
ちなみに上の黒いスイッチはブレーキのスイッチですね。
爪で引っかかってるので少し外しにくいです。


ブレーキワイヤーは先にここを緩めてから外します。





アクセルワイヤーもグリップから外します。
あとはウインカー関連のハーネスとアクセルワイヤーのみ。
先にハーネスを外さないとアクセルワイヤーが外せない
(手で持っている部分が回せない)ので、ハーネスから外します。


全部外したら、新しいスイッチに取り付けます。
順番はさっきの逆です。
アクセルワイヤーを付け、ハーネスを結線、

スイッチとブレーキワイヤーを付け、

アクセルワイヤーをグリップにつけて、


レバーを取り付けて、
ちゃんとグリップが回るか、嵌っている位置が正しいか
チェックしながら底のネジを締めます。
最後忘れないようにアクセルワイヤーの固定ナットを締めます。




これにてセル化完了です(笑)




左右でスイッチの黄色がぜんぜん違う・・・(笑)
あとはピカールで磨けばすぐ輝きます(笑)
左スイッチBOXはプレスカブから、右スイッチBOXはセル付き用新品を。
なんてこった、今までのこのカブオリジナルの部品が消えたぞwww


video

最後にセル始動の動画を。
いやぁ近代化ですな~~(違う)

2017/08/09

ビレットオイルクーラー取り付け!

熱量の増した97ccで夏を迎えるにあたって、
熱ダレを防ぐためにビレットオイルクーラーを導入しました!


しかも普通のタイプではなく、
Gクラフトのアルミビレットオイルクーラーを購入しました。
こっちにした理由とかは特に無いんですが、
ホース通したりブラケット買ったりするのが
手間だったり不安だったり、
ヘッドも冷やせたらな?と思って今回はこっちのタイプにしました。

レッグシールドの干渉を考えながら、今回は7段のタイプです。



しかしこの商品、買おうとするとどこもかしこも品切れで、
発送は8月中旬とのこと。(購入時期は7月20日頃)
何店舗かキャンセルになり、
なんとか在庫があるショップを調べてやっと購入しました(笑)


送料込みで1万3000円くらい。
一番表側のG'craftの文字がほってある部分が
フィンになっているタイプが昔はあったそうです。(それが欲しかったな)





結構キレイに出来てますね。
フィンとか微妙に手を切りそう(笑)
ガスケットも付属してました。


一方、エンジンとレッグシールドの隙間です。
意外に余裕がありそうです。(個体差ありそう)








特に付けるの自体難しくないので早速組み付けましょう。
8mmのレンチで3箇所ボルトを外し、

ガスケットを交換してオイルクーラーを付けます。
ばらしてからそんな長く経っていないのでガスケットもきれいに外れました。


オイルクーラーを付けるときですが、
こんなところで微妙につまずきました。
オイルクーラーをヘッドに当ててからボルトを締めようとすると、
フィンが邪魔してボルトが入りませんw
 先にボルトをクーラーに通して、ボルトをヘッドに締めつつ取り付ける感じじゃないと
引っかかって付きませんでした。



付きました。7段は結構ごついですね(笑)

プラグとの隙間もあります。
問題なく取り外し出来そうです。






取り付けた後はこんな感じ。ちょうどだったwww

元々熱ダレかなぁ?って思うことぐらいしか無かったので、
効果を実感することがあるかはわかりませんが、
これから夏の長距離運転の安心感につながりますね(笑)

お盆の長距離ツーリングには効果が発揮されそう!

2017/08/05

セル付きリトルカブ その1

うちのリトルカブはもともと、3速のセル無しでした。
このセルのないサイドビューで一目瞭然ですね。

まぁこれもザ・カブって感じで良いんですけど、
せっかくならセルがあるとうれしいですよね~
スマートに見えるし(笑)

ということでセルを取り付けるお話です。









今の状態はというと、こんな感じ。
(エンジンだけ)セル付きです。線は繋がっていません。
セルモーターも付いていません。

あ、レッグシールドは4速用に変えてますね(笑)
前のが割れてたので。

要は見た目だけでセル無し状態と何も変わりません。




この状態から必要なものを洗い出します。
・セルモーター
・セルのチェーン、歯車
・セルリレー
・ケーブル
・スイッチ

こんなもんですかね。


それを、
・セルモーター →親戚のカブをばらした時に余ったのを貰う
・セルのチェーン、歯車 →90のエンジン買ったときに付いてた
・セルリレー →ヤフオク
・ハーネス →ヤフオク
・スイッチ →ヤフオクか新品

こんな感じで調達します。


とりあえず揃ったのはモーターとハーネス(リレー付き)です。


まぁ、リレーとハーネスは自作しても良いんですが、
ちょっと不安なので買いました(笑)
運良くセルリレー付きのハーネスがあったので落札。1800円+税+送料。

モーターは前述の通り貰い物なので0円。

あとはスイッチだけです。
しかしこれが難題で、全然セル付きの右スイッチが流れてこないんですね。
玉数がやっぱり少ないのでしょうか。






先に事前準備としてメインハーネスからセル部分だけを取り出します。


ビニールテープで束ねてあるので解いていきます。
かなりベトベト…



取り出す線はこんな感じで、
リレーからたどれば取り出せます。
まぁ、シンプルですね。



取り出したのがこれ。
バッテリーから出る線と、スイッチ部分、アクセサリー線ですね。
これがメインハーネスでのセル有り無しの差。



次は車体に取り付けていきます。
計画から事前準備までのお話はここまで。


次記事書くときまでにはスイッチボックスなんとかしなきゃなぁ(笑)

2017/07/17

連鎖カスタム

ついこの前にハイパワーなサブライト、
タコメーターを取り付けて、
何気なく夜走っていると大きな欠点を発見。



サブライト付けるとタコメーターが切れる!!

消費電力が多すぎるんですね。
ざっくりと消費電力を計算してみることに。

30W:ヘッドライト
20W:サブランプ
  5W:スマホ充電
3.6W:ハザード
1.2W:テールランプ+ブレーキ
1.8W:タコメーター

メーター灯やらインジケータ等々入っていませんが
足すとだいたい61.6W。
5A前後も消費してるんですねww

カブ自体の発電能力を調べても見つからなかったけど、
これは使いすぎだ、、、



そこで考えたのが巷で有名?な全波整流。
ジェネレーターをあれこれしてレギュレーターを変えたら、
発電量が上がるし直流になるし、という代物。

モダンワークスさんの全波コイル用レギュレターと配線キット
をamazonで手配。早速全波整流用のレギュレーターを購入しました。
ジョルノクレアのやつが純正で良いらしいのですが、
8300円とのことでめっちゃ悩んだ結果中華にしました。

不安だから2個買って1個はカブに積んどこう。




取り付け方は3速も4速もネットに合ったので参考にしながら作成。
クランクケースカバーを取って、



黄色の線と、アースっぽいところに繋がっているエナメル線をハンダで外し、
それぞれをつなぎます。(少し前の話だから間違ってても責任は取りません。)
線はちょっと延長しました。



こんな感じ。↓




いい感じにして復旧。


ここから写真がありません。
まぁこの辺の情報はすでに検索すれば色々充実してるし割愛。

レギュレーターと繋いで、ウインカーリレーから電源を取って、
放熱を考えつつ強引にサイドカバー内に収めて完成です。




ちょっとドキドキしつつキーをON。
やったーエンジン掛けずにヘッドライト付いた!テールランプも付く!
うまく行った!

と思ったのもつかの間、なにやらめちゃくちゃ弱々しい光。
タコメーターそもそもついてねえ。
電圧は・・・?

5V!!ひくい!
最近の大消費に追いつけず?バッテリーがもう無くなっていました。
一足遅かったかー!!
まぁ3年間変えてなかったし妥当なのかそうでもないのか分からない(笑)

ツーリングに行こうとウキウキしてた心に大きなダメージ。




このまま放置は出来ないので、
全波整流の次はバッテリー交換です。
台湾ユアサのバッテリーを購入。

特に何事もなく交換。
そしていざキーON!

ヘッドライト点灯!
タコメーター起動!
電圧12.6Vヨシ!
今度こそ完璧でした(笑)






やっぱりバッテリーだったのね良かった(笑)
でも消費量変わってないし、
電圧見てもある程度回さないと充電圧まで行かないし、
またバッテリー上がりそうだなぁ。






バッテリー交換の次は消費電力の削減!
キーONで30Wのヘッドライトが全力点灯するので、
エンジンをかけるまでの間用にポジション灯をつけましょう(笑)

せっかくだしイカリングにしようかな?
けどポジション灯のほうが似合うかなぁ?
数時間Google画像検索を見ながら悩んだ結果、
昔のカブっぽくレンズ内にポジション灯をつけます(笑)






用意するのは今ついてるマルチリフレクター。
一番底のネジを外せば爪でとまってるだけなのでベゼルを外し、解体。






レンズは接着剤でとまっていましたが、
劣化か何かでほとんど外れてたのでパリっとはずれました。





位置的にはちょうどこのシェードの付け根当たりに付けたいなぁ。


シェードを外してその穴を拡張し、そこにT10ウェッジをはめ込む計画で、一発ドリル。








T10ウェッジのソケットは、
昔リトルカブのメーターからカブ90のメーターにしたときに余った、
ウインカーインジケータの物を流用(笑)


(2年前のお写真)



でもこれがゴムだしいい感じにはまるwww



周りをいつものゴムっぽくなるスーパーSUで固定。
電源はロービームスイッチからとり、

スイッチがロー側→ポジション点灯
スイッチがハイ側→通常のロービーム

としました。反対はアースにつなぎ、
あとはいつもどおりヘッドライトを収めます。
ハイビームは元々リフレクターが悪いのかバルブが暗いのか、
そんなに効果がないので、一旦廃止。
まぁサブライトのほうが明るいしね。


配線増えすぎて整理しないと入らない。。。
(逆に整理すれば割と入る)




こんな感じになりました。
なんかシェード無い方がJA07っぽくなって好きかもw





ポジション点灯の様子。
LEDはもちろん電球色です。



キーONでの消費電力的には30Wが無くなったので、
61.6-30=31.6W、アイドリング時で大体2.6Aですね。
上等だ(笑)

まぁ こんな感じに(リンク) ヘッドライトをLED化しても良かったんですけど、
青白い光が似合わない気がしてね(笑)
電球色のヘッドライト用LEDまだまだ少ないし。


これで昼夜トータル100kmぐらい試走したけど問題なしでした。




とまぁこんな感じで
サブライト→全波整流→バッテリー交換→ポジション灯
という連鎖的なカスタムでした(笑)
大体全部で7,000円もしてないくらいのカスタムかな?
変化点の割に安く済んだかも。
(バッテリー、電球色LED、予備レギュレーター込)


おわり。

2017/06/24

タコメーター導入


早速ですが、前回の風防をつけたハンドル周りです。


実は個人的にずっと欲しかったものがまだありません。
そう、タコメーターです。
というのも、別に必要というわけでもなく、
それなりの値段がするし、結構厚みがあり付ける場所に悩む、
場所を取るので今の装備(時計・スイッチ)と両立すると
3つも付けるものがでてきて厳しい、
じゃあ1万強を払って付けるのもなぁ。。。
ってことで付いていませんでした。


けれども風防を付けたことで状況が変わり、
左右にステーが来たのでとりあえず付ける場所は確保できそうなこと、
時計付き、油温計の付いたタコメーターが
珍しく安く出ていたこと。(これが重要)
あと3Dプリンターでプラスチックの部品が作れるようになったこと、
そうして取り付けを決定!


これで時計と温度はメーター表示、
スイッチボックスをメーターと一体にすれば取り付けられそう。




買ったのはデイトナのベローナ 電気式タコメーター 8000rpmという物。
amazonとかだと大体12,000~14,000円ほど。


時計、温度計(油温)、最高回転数(使わないけど)、、、が
右下の液晶に出るデジアナ表示のタコメーターです。

あとホワイトLEDでかっこいいし液晶もかっこいい。
これを送料込みで8,500円で。(中古)




届いたのがこちら。
保護フィルムも残ってるしめっちゃキレイ。
これはいい買い物だぞ。



まずは四角いスイッチボックスをメーターと合わせるために作り変えます。

おなじみの3Dプリンターです。
過去の授業の知識が趣味に活かされる瞬間です。

円形のメーターに合わせて丸いボックス。
左にシガソケ、中央にハザード、右がヒーター用スイッチです。




スイッチ類はそのまま流用します。組み換えだけですね。




これを両面テープでメーターに貼り付けます。
最近は超強力な両面テープが出てきて非常に便利。





悪くないですね(笑)
強いて言うならボックスの表面キレイにしたいなぁ(技術も道具も無し)



次は油温計用の温度センサーです。
ベローナ用のギボシタイプのセンサーが、
何故かコネクタタイプより少し高かったので、
コネクタタイプを買ってそれをギボシに変更。


このテンプセンサーは油温計用なのですが、
オイルに漬けなければ気温が測れるでしょ?ってことで
このまま車体の何処かに固定します。



事前準備が済んだところで早速組み付け。

まずはスイッチボックスの結線です。
風防、今までのスイッチボックスを外します。
どこに何がささっていたか覚えておくためにラベルを貼っておきます。

スイッチボックスの配線+タコメーター配線。
1本ずつ入れたら何とか入った・・・(笑)


予めラベルを貼っていたところにつなぎます。
まぁ何も変わらないのですぐです。





続いてタコメーターの結線。

メーターから出る黒(オス)と黄色がバッテリー、赤がキーオン電源、
白がパルス信号で、黒(メス)と茶色がテンプセンサーかぁ。

多いなぁ(笑)







とりあえず、バッテリー電源はキーシリンダーの手前の配線から、
キーオン電源赤線は車体のアクセサリー電源から、
マイナスはアース線へ接続しました。


パルス信号は調べるとバッテリーBOXを外したところから
アクセスできるようなのでレッグシールド、右サイドカバーも外します。


この黒いBOXを外した奥ですね




BOXを取り中を除くとありました。この黒/黄線からパルスを取り出します。
あんまりやりたくは無かったけど結線コネクターで引っ張ってきます。


これをメインハーネスとともにハンドルまで持っていき、
メーターの白線とつなぎます。




温度計もメーターとつなぎ、フロントカバー裏に設置します。
この辺は可動部なので要注意なのですが、
場所がないのでハンドルを動かして仮固定しながら、
大丈夫な所で固定していきます。

手前の黒い鉄板は動かず、内側の塗装されたフレームが可動します。
ただ、鉄板は結構トゲトゲしているので繰り返し強干渉すると断線しますね。





うまく収納できたらカバーをして再度入念にチェックします。




完成形が見えてきました(笑)


ここで一旦動作確認、動くことを確認しました。




最後にメーターの固定です。

メーター下にスイッチを付けたので付属のステーは使えず、
いつものホムセンステーを使います。



こんな感じ。メーターとステーの間にはゴムワッシャを挟んでます。

あ、書いてて気づいたけどスイッチボックス裏の蓋外れてる・・・(笑)
ちなみにメーター裏、上の黒い2つの突起がスイッチです。



固定できたら風防のスクリーン部分を取り付けて完成!
エンジン始動!!


説明書を見ながら時計を合わせて…

気温もちゃんと表示されていますね!


というかホワイトLEDのメーターかっこいい…
雨なので試走はまた別の日に

最後に動画を載せてみます。
video

おわり。