2017/12/28

電装系カスタムいろいろ その4

カスタム色々シリーズの最後は、
メーターバックライト&テールの交換です(笑)


メーターバックライトですが、
公式ページにはこう書かれています。


最初は、バックライトのLED化とな!
ヘッドライトもLEDでほんと次世代だなぁって思ってました。





納車後みてみると暖かい光。
電球色のLEDとかしゃれてますなぁ、って思ってました。





でもこれ白のほうがかっこいいかもと思って開けてみたら



電球かーい。





T10ウェッジの電球でした(笑)
どうやら「メーターバックライトをLED化し~」の文言は
ウインカーやらニュートラル、ハイビームインジケータの話っぽいですね。




ということでこれもLED化しました。
バックライトにアクセスするには緑の線と黄色の線のねじを外す必要がありました。
(ふさがってるので)



あとは市販のT10のLEDを付けるだけです。


最新型って感じする~~~かっこいい
(40km/hが明るいのはカメラのライトのせいです)


テールランプも同じ要領で、T20のダブル球のLEDに変えました。
自作のLEDテールはよく調子が悪くなるので(下手)
前に買ってから一度も壊れたことのない楽天のこのお店のLEDを購入。
(前回はウインカーを購入)

高い。。。けどまぁしょうがないですね。





まとめ
1.ウインカーLED化 & ハザード
2.タコメーター追加
3.USB充電器追加
4.メーターバックライト&テールランプLED化(本記事)



これで年末ツーリングに向けてのカスタムは完了です!
最後に動画をあげとこw




電装系カスタムいろいろ その3

さて、続きましては
USB充電器の追加(フロント&リア)です(笑)

まずはフロントを。

ハザード、タコメーターときて、
あらかた電装系はそろってきたのであとはギボシを挿していきます(笑)




今回つける場所は、リトルと同様にレッグシールドの右下のここです。


なのでまずはレッグシールドに配線を通す作業から。



丁度線が通せそうな開口があるので、
そこを通してからハンドルカバーへ持っていきます。



そしてあとはいつものごとく結線作業。

USBの電源は再びブレーキスイッチから分岐させます。
USBオンオフのスイッチ、ヒューズを経由して取り付け。

(分岐はトータルでタコメーター用に1つ、
USB用に1つ、将来のグリヒ用に1つで計3つです)

今回はギボシ端子タブル×2で4つに分岐してます(笑)





アースもタコメーターとおなじようにボディアースとしてます。






固定はレッグシールドのねじと共締めしました。
USBはエーモンの2口用です。
非防水なので、ある程度庇っぽくカバーできるように3Dで作成しました。


2口なのでスマホナビしながら車載動画の撮影ができますね!




続いてはリア(BOXの中)です。
BOX側はハンドルから電源を持ってくるには遠いので、
サービスチェックカプラーとやらから電源を取りました。

カプラーの端子はキタコのコネクターセット HM防水タイプ 4極 メスを
使いました。(真ん中の赤いカプラ)
写真に写っているカプラーの左奥側がマイナス、右手前側がプラスでした。

残りの二つは使いません。
まぁどこがプラスでマイナスかはネットにあふれている通りでした(笑)

丁度いい線の長さの配線を持ってなかったので、
カプラーからBOXまで2本構成です。(そのおかげで配線は通しやすかった)



カプラーからBOXに向けては
樹脂の外装とタンクの間を通し、リアキャリア下の
フレームが出てくる部分と一緒に配線を出してBOXへ通しました。






この線はBOX灯にもつながってるので、夜でも快適ですね。
下に写ってるのがUSB(エーモン1口タイプ)です。


次は最後のメーター灯とテールのLED化です(笑)


まとめ
1.ウインカーLED化 & ハザード
2.タコメーター追加
3.USB充電器追加(本記事)
4.メーターバックライト&テールランプLED化

電装系カスタムいろいろ その2

つづきです。

タコメーターの取り付け。
メーター詳細は昔の記事で。

必要な線は、
パルス線
バッテリー+線
キーオン+線
アース線
(オプション)温度センサ行き線2本
です(笑)

まずはメーターから出る配線を、
アクセルワイヤーが出て来る開口を通して
ハンドルカバーの中へ引っ張ってきます。

一番ここの穴が広いです。



中へ配線を通したら、結線作業です。

まずはハンドルへパルスを引っ張ってくるので、
レッグシールドを外した中のイグニッションコイルの青/桃線の間に
平型端子で分岐をさせ、メーターへ。
線自体は青/桃ですが、配線カバーは緑でした。




続いては時計保持のためのバッ直プラス線です。
キーシリンダー下のカプラーの茶色?線からエレクトロタップで分岐させました。




キーオンでのプラス線は、ブレーキスイッチのギボシから分岐させます。
(唯一の純正ギボシ部分? 画像の中の緑っぽいギボシです。)

アース線はとりあえずボディーアースとして、
適当なネジと共締めにしました(笑)


温度センサーは(本当は油温センサー)
外気温計として、フロントカバーのうしろにとめます(笑)
リトルの時とおなじですね





とりあえず仮で付けてみました(笑)

あ、ファッションバーと風防の話まだしてなかったので、
今後に(笑)ちなみに同時取り付けは不可なので一工夫要りました。

白色LEDメーター(ネタバレ)と白色タコメーターが美しい。。。



メーターを取り付けるステーは3dプリンタで自作です。
輪っか部分はカインズで物を漁って購入(笑)
まぁ、金具でも何でも大丈夫そうです(笑)






メーターの取り付け完成です。


まとめ
1.ウインカーLED化 & ハザード
2.タコメーター追加(本記事)
3.USB充電器追加
4.メーターバックライト&テールランプLED化